ホーム
/
スタッフブログ

スタッフを選択すると、そのスタッフのブログのみ表示します

阿部 足立 堂岡 藤田 萩原
長谷川 平井 柏木 中田 西川
西崎 岡田 岡本 温川 大里
島井 杉田 田所 竹中 田村
種井 谷口 谷口志優 寺田 坪山
上田ひかり 上田彩加 浦田 和田 薮田
山口 山本 山本亮 矢野 吉田
吉川  

2018/05/06

たまの旅行記 ~九州・軍艦島編~

こんばんは!イズホームの田村です!
ゴールデンなウィークも今日で最後ですね。。。
皆様いかがお過ごしでしたか?
 
私は珍しく(?)旅行に行ってきました!
行き先は ☆九州☆
ほぼ北部を横断しました☆
久しぶりに山々の緑を見て癒されたり、
温泉につかったりして有意義に過ごせました(^_^)。
 
その中でも軍艦島(端島)!!
世界遺産に登録されたこともあり、上陸を楽しみにしていました。
 
その写真がこちら!!
 
(広角カメラ持っていってよかった!!)
 
しかし!
天候の悪化で上陸は不可能に(-ω-。。)。
ガイドさんによると、雨は関係なく、風と波で上陸できるかどうか決まるそうです。
(上陸できない確率は1/3。波が高くて酔ってしまいました。)
ただ、クルーズ船でぐるっと周っていただいたので、
廃墟の姿がよくわかりました。
 
長崎県の端島(軍艦島)は
江戸時代後期から昭和期まで炭鉱で栄えた島で、
一時期、東京よりも人口密度が高かったそうです。
島内にはパチンコ屋など娯楽施設も整備されていたそうです。
昭和49年に閉山となり、現在は無人島となっています。
 

上の写真で左は小中学校。7階建ての最上階がもう崩れかかっています。
右は社宅(65号棟)でこの棟に1000人住んでいたそうです!すごい!
 
上陸できなかったのは残念ですが、
外側からでも圧巻!!
人間の文明を切り開く力がありありと伝わってきて感動ものでした!

次回はぜひ上陸したいですね。。。
 

2018/05/02

省スペースの中折れドア!

こんにちは!イズホームの田村です!
暑くなってきましたね~。
私も昼間の服装が夏仕様になってきました(^_^;;)
 
さて先日、堺市の補助金を利用したリフォームをお考えのお客様と
リクシル南港ショールームで内装の色柄を打合せしてきました!

 

リクシル南港ショールームでは様々なインテリアのブースがあり、
色柄を決めるのにとても参考になりました。

その中で今回ご紹介するのは「中折れドア」
なかなか馴染みのないドアですが、下記の写真のように
ドアの一部が折れ曲がって開くドアです

 ⇒ 

このドアは通常の開きドアと比較して、
開閉に必要なスペースが約1/3!
狭い廊下やトイレにつけるのがおすすめです。

(LIXIL ラシッサカタログより)
 
今回打合せさせていただいたお客様も
引き戸をご検討されていましたが、
引き戸を収納されるスペースがないため
中折れ戸をご提案させていただきました。
 
折れ戸なので小さいお子様が指を挟むか心配な面もありますが、
扉の折れる部分は指を挟みにくい構造R形状になっており、
安全に配慮した設計になっています。


将来的に車いすで過ごされることや
開きスペースを考えると、トイレや廊下に
中折れ戸をつけるのもいいかもしれませんね(^_^)
 
これから耐震工事が始まっていきます!
完成が楽しみです!!
 

2018/03/26

樹脂窓であったかリフォーム!

こんにちは!イズホームの田村です!

昼間暑くなってきましたね~。
先週、大仙公園の近くを通ったら桜(?)の花が満開でした。
 
もう気づいたら春ですね(-ω- )。

ただ、まだまだ夜は寒さが続いています。
冬のコートが手放せません。。。
 
というわけで今回も断熱のお話。
 
特に樹脂窓のお話です!
 
先日YKK AP 窓塾に行ってまいりました。
下の写真はサッシを断面で切ったものです。
左から アルミサッシ、アルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシです。
(アルミ樹脂複合サッシは室内側が樹脂製、
屋外側がアルミ製のサッシです)

また、冬の温度をシミュレーションするために
それぞれのサッシの屋外側にドライアイスをのせて置いてみました。
 
すると!









樹脂サッシだけドライアイスが溶けず残っており、
アルミサッシの方は、ドライアイスが溶けていました!
 
また、アルミ製サッシは全体的に結露がありますが
樹脂製サッシはほとんど結露がでていませんでした
 
 ←アルミサッシ

 ←アルミ樹脂複合サッシ

 ←樹脂サッシ

樹脂製にすると、ここまで熱が伝わりにくくなるんですね(゚□゚ )
 
前回もお伝えしましたが、室内で温度差が大きいと
ヒートショック(血圧の急激な上昇・下降)が招かれ、
死亡事故につながるケースがあります。
 
窓を断熱性の高い樹脂窓にすることによって
断熱性能を上げることも可能です!
 
樹脂窓で冬あたたかく過ごしませんか?
 

2018/02/26

サッシ交換(カバー工法)で健康で快適に!

こんばんは!イズホームの田村です!
やっと寒さも少しずつ和らいできましたね。。。(-ω- )
私の家の近所の梅も咲いてきて春が近づいているのを感じています。
 
そんな中ですが、先日YKKAPさんの『窓塾』セミナーに参加してきました!
今回はその一部をご紹介いたします!
 
住宅での不慮の事故死は年々増加しており、
特に急激に増加しているのが浴槽での死亡事故です。
室内が暖かく、脱衣所・お風呂場が寒いと、温度差によって
ヒートショック(血圧の急激な上昇・下降)が招かれ
心臓発作や脳血管障害になりやすくなります。
 
この温度差をなくすのに効果的なのが窓の断熱です!
前回、簡易な窓の断熱として内窓をご紹介しましたが、
今回はカバー工法『マドリモ』をご紹介いたします。
 
写真の様に、今あるサッシ枠をそのままにして
上にカバーして、新しくサッシを入れていく工法です。
通常サッシを入れ替える際は、外壁を解体する必要がありますが、
こちらは外壁をいらわずにサッシを交換することができます。
 
また、今あるサッシより小さいサイズにしたい場合は
下の様なパネルを入れて、大きさを調節することができます。
これにすれば、間取りの変更で窓が干渉してきたときに
外壁をいらわずに壁にすることか可能です
 


簡易に窓サッシを変えたい方、
住まいを暖かく、健康的にしたい方
カバー工法でサッシ交換はいかがでしょうか?
 

2018/01/31

冬の寒さに効果的!内窓工事

こんばんは!イズホームの田村です
約1年ぶりのブログ更新です(^_^;)
今年は頑張ってUPしていきますので、皆様お楽しみに。。。
 
 
さてさて、最近とても寒い日が続いていますね~
外だけでなく、家の中にいても寒さを感じる方、
エアコンをつけていても、
厚着して、寒さをしのいでる方はいらっしゃいますか?
 
私も先日、堺市の耐震診断に行った際、
部屋の中で「はぁ~」と息をはいたら、息が白くなりました!ε=(。・д・。)!
(もちろん、窓は開けておりません(笑))
 
今の時期、家の暖か~い空気が一番逃げやすいのは窓です
一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会によると
冬の暖房時は58%の割合で熱が流出するそうです

つまり、窓の断熱性能をUPすると、
部屋を暖かく、快適にするのに効果的です!
 
では、窓の断熱工事の一例をご紹介いたします
今回は内窓!
 
内窓は今ある窓サッシをそのままにして、
部屋の内側にもう1つ窓を入れていく方法です
下の写真は河内長野市での内窓工事の事例です

取付前
 
↓↓↓
取付後

 
 
内窓のメリットとしては
・窓が2重になるので断熱性UP
・結露がしにくくなる
・防音性が高い
・鍵を2回開けないといけないので、防犯性能がUP
 
逆にデメリットとしては、
・窓を2回開けないといけないので
出入が多いところが不便になる

が挙げられます
 
イズホーム 深井本社 のショールームでは
窓に内窓がついており、その効果が体験可能!
窓の断熱効果が分かりやすいと大好評です!
今の時期は特に温度の違いが分かりやすいと思います(笑)
 
百聞は一見にしかず
体験したい方はぜひショールームへ(^_^)!
 

2017/02/04

堺市 耐震工事 屋根にも登っていきます!

こんにちは!
耐震・断熱担当の田村です

只今、堺市内で補助金を使った耐震工事中です!

堺市では耐震工事費の2/3 上限120万円の補助金制度があります
その補助金制度では堺市さんの検査があり、
補強に使われる金物を実際の現場でチェックしてくれます

先日は屋根の補強チェックです



堺市さんは女性も果敢に登っていきます!すごい!
私は運動オンチなので登れません。。。

補助金制度もございますので
地震に不安がある方は一度イズホームにご相談ください!

2017/02/04

堺市 耐震工事で基礎補強!

おひさしぶりです!
イズホーム 耐震・断熱担当の田村です!

今日は久しぶりに堺市の耐震工事事例をご紹介します!


補強する壁の下には必ずコンクリートの基礎が必要となってきます
基礎がない場合は新しく新設していきます


床を解体して、鉄筋を組んでいってます
元の基礎にも鉄筋を組んでつなぎます






コンクリートを流し込んで固めていきます

このような形で基礎から建物を固めて地震に対抗していきます

耐震工事にご興味のある方、一度イズホームにご相談ください!!

2016/11/12

スマートウェルネス 健康調査!~概要編~

こんばんは!
イズホーム 耐震・断熱担当の田村です!

今日はスマートウェルネス補助金 健康調査の概要をご紹介いたします!
スマートウェルネス補助金では断熱工事の前と後に
健康調査が必須になります。


項目としては冬期の2週間
①温湿度計・温度計
②血圧計
③活動量計(万歩計)
④測定日誌(外出時間・就寝時間の記入)の記入
⑤アンケートの記入
をしていただきます

一見多いようにも思いますが、置くだけで自動的に測ってくれるものもあります
私も昨年、2週間測定しましたが、思ったほど負担にはなりませんでした

このスマートウェルネスの補助金制度は、
断熱工事の前と後、健康調査にご協力いただいた方に対して
対象の断熱工事費の1/2、上限100万円(バリアフリー込みで最大120万円)
という補助金制度です!

また、具体的な内容はこちらでUPしていきます☆
 

2016/11/07

スマートウェルネス補助金 お客様からのインタビュー!

こんばんは!
イズホーム 耐震・断熱担当の田村です!

イズホームではスマートウェルネスの補助金を
実際に利用して、断熱工事をされた
お客様にインタビューをご依頼しています。

そのインタビュー動画は新しくできました、ATCエコプラザのテレビモニターで流していますが
動画サイトのYoutubeでも発信しております

(↓画像をクリックするとyoutubeのインタビュー動画が流れます)


インタビュー動画は随時発信させていただきますので
ご興味のあるある方、一度クリックをお願い致します!

2016/11/07

堺市 補助金を使って耐震工事!

こんばんは!

イズホーム 耐震・断熱担当の田村です!

只今、堺市の補助金を利用した耐震工事を実施中です!

今日は堺市さんの金物検査がありました。



堺市の場合、昭和56年5月以前の木造住宅では
耐震工事費の2/3、上限120万円の補助金制度があります。

また、写真のようにすべての壁を堺市さんがチェックしていきます!

耐震工事や補助金制度にご興味のある方、
ぜひ一度、イズホームにご相談ください!