ホーム
/
スタッフブログ

スタッフを選択すると、そのスタッフのブログのみ表示します

阿部 足立 堂岡 藤田 萩原
長谷川 平井 柏木 中田 西川
西崎 岡田 岡本 温川 大里
島井 杉田 田所 竹中 田村
種井 谷口 谷口志優 寺田 坪山
上田ひかり 上田彩加 浦田 和田 薮田
山口 山本 山本亮 矢野 吉田
吉川  

2018/07/03

屋根は重要な部分です!

こんにちは。
施工管理課の谷口です。

先週大阪北部を震源とする地震がありまして、私は大阪市南部に住んでいて
震源地からは離れているのですが、かなり大きな揺れを感じました。
被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、10年前に弊社でリフォームをされたOBのお客様から
『地震の影響で瓦がずれたので見に来てほしい』とのご依頼を頂き、
住之江店長谷川店長に同行させて頂きました。

向かった先は吹田市でして、ほとんどのお家の屋根にブルーシートが掛かっていました。


瓦がずれたり、落ちたりしたんですね~。
その一方で、全く屋根に被害がないお家もありました。
何が違うのか注目してみていると、ブルーシートが掛かっている屋根のほとんどが
和瓦で、それ以外の屋根は無傷でした。
気になったので調べてみました。

日本の木造住宅で一番多い木造軸組構法のお家で
地盤、構造が同じ条件の家が2つあるとすると
頭(屋根)が軽いほうが地震が起きたときの揺れや建物への負担が
少なくなり、耐震的には安全といえるのです。
もちろん、柱や梁などの構造体を補強してあげるにこしたことはありませんが
屋根が軽いと地震係数(地震力による横揺れを考慮した数字)は小さくなり
逆に重いと大きくなるので、屋根を軽くするだけでも耐震強度は強くなります。
昔ながらの重い瓦の屋根も、手入れを定期的に行っていけば
耐久性に優れた経年劣化の少ない歴史のある優れた素材なのですが
やはり、耐震性を考えると軽量で丈夫な屋根材にはき替えするべきです。

屋根のはき替えはもちろん、弊社では大規模な耐震工事も手掛けております。
耐震工事はぜひイズホームへ!!






 

2018/02/25

初ブログです。

初めまして。

​建築部施工管理課の谷口です。
​初ブログということで緊張で少しおなかが緩くなっている谷口ですが、
​頑張ってブログを書こうと思います。

初めましてということで、まずは自己紹介をしたいと思います。

​平成2年生まれで、生まれも育ちも大阪平野区です。
​4人兄弟の末っ子で血液型はA型ですがそんなに几帳面ではありません。
幼少期からレゴや積み木遊びが好きで、建築には幼いころから興味がありました。
​おかげ(?)で今まで携わらせて頂いた仕事はすべて建築関係です。

​似ている芸能人はcowcowらしく、東住吉店の山本店長には
​お客様に紹介して頂く際ですら『cowcowに似てるでしょ?』と紹介されます。
毎回お客様は困ってらっしゃいます。(似ているからでしょうか?)
工事を担当させて頂いた際には、ぜひご確認ください!

今回はおなかが緩いので、リフォームに関するお話は次回からとさせて頂きます。

リフォームするなら、イズホームにお任せください!!