ホーム
/
スタッフブログ

スタッフを選択すると、そのスタッフのブログのみ表示します

阿部 足立 堂岡 藤田 萩原
長谷川 平井 柏木 中田 西川
西崎 岡田 岡本 温川 大里
島井 杉田 田所 竹中 田村
種井 谷口 谷口志優 寺田 坪山
上田ひかり 上田彩加 浦田 和田 薮田
山口 山本 山本亮 矢野 吉田
吉川  

2018/01/30

リフォームはパーツでも出来ますよー


こんばんは、イズホーム 東住吉店の堂岡です。



先日まで中央区でリフォームさせて頂いておりました
リビングの部分リフォームのお話です。



こちらは、ビフォーの写真です。


一見リフォームした後のようですが、違います。笑
(実際こんなリフォームもしてみたいです、、、。)


床材もすべて無垢フロア(シートではなく、表面が木質で天然木材)
空間全体の雰囲気を保ちつつ、部分的にこのロフト(写真真ん中の物体)を
寝室にしたい、という内容のリフォーム。

リビング等の一体して広い空間での部分工事はもちろん材料や手間も
費用と時間を費やしますが特に解体した箇所と、既存で残すヵ所との
取合いを續ろうのに時間と費用が掛かります。

今回も、解体した箇所の電気配線が床下から配線されていると思いきや
部分的に左の梁成から来ていました。

解体してから分かる内容もリフォームにおいて様々です。


私共が最初にお客様とコンタクトする現地調査では分かり切れないところも
あります。
ある程度危険予測し、それを施主様にお伝えし、情報共有。
その際にどういう対処法を導くかも我々にとって重要なポイントです。


今回、その配線はそのまま壁中に配線し、左の梁成にコンセントを新設。
梁成の下地がめくれあがっていたので、その部分をカットして
新しい下地を貼り直してもらいました。

現場におけるこのようなやり取りの中で迫りくる危険を回避しております。


ですので施主様にご判断いただくこともあり、工事の音やホコリ等で
1部リフォームでも結構なストレスがかかることもございます。

お困りごとを解消するのはお家だけではなく、ご自身の不安事等も解消いたします。

お気軽にご相談いただけますと、幸いです。



では、この一部リフォームのアフター写真です。



キレイになりました!!

左の梁成も問題なくきれいに仕上がりました!!

全体的に木質をナチュラルにして、空間に区切りをあえてとっております。


あとロールスクリーン、ガラス窓等装飾が残っておりますので
全力で完了まで走りま~す!!




 

2018/01/30

こんばんは、種井です。

こんばんは
イズホーム本店営業課 種井です。

一月ももう終わりですね....
現場もちょっとずつではあります始まってきています。

年始から去年とは違うことをたくさん経験し学習していると感じます。
今年は、設備機器より造作工事に着目していきたいです。

壁の作り方や床上げの方法、造作工事にはいろいろなやり方があるので
いろんなパターンを覚えてより対応力を着けていきたいですね。

今年に入ってから、壁の撤去、作成、見切の仕方を学びました。
どれも去年思っていたより簡単なことでした。
またできることが増えて建築が楽しくなってきました。

今年は、より楽しんで仕事ができるよう経験を積んでいきたいです。
遅くなりましたが今年の【抱負】でした。

 

2018/01/29

これからの不動産物件選びのポイント

株式会社イズ
不動産部の岡田です。

不動産部では、物件購入と購入後のリノベーションのご相談をお受けしています。

物件にもよるのですが、中古住宅を購入される場合で、リノベーションをご検討であれば
ある程度、築年数が経過した物件でも大丈夫です。

ただ、あまり前の物件の場合、耐震性能アップのための補強工事や断熱工事が必要になりますので
そのあたりは、価格との相談になります。
(ちなみに耐震工事、断熱工事については、補助金が交付されます。弊社は堺市で補助金交付率NO1です。)

今回は、物件の選び方のポイントを一つだけ、お伝えします。

最近は不動産情報もインターネット上で簡単に検索できます。
写真も豊富で見ていて飽きません。

又、同じ物件をいくつかの不動産会社が広告していることも多く、
そういった意味で、一般の方が不動産情報を手に入れることは簡単です。

この傾向は、どんどん加速していくものと考えられています。

ただ、今課題になっているのは情報の精度と調査力、報告内容の問題です。

今年の4月から宅地建物取引業法が改正され、不動産契約時の重要事項説明時に
インスペクションについての説明義務が追加されました。

インスペクションとは、簡単に言えば 事前建物検査のことです。

物件購入前に売主が、検査の専門家であるインスペクターによる検査を受け、売却対象物件
の状態を正しく、正確に報告書としてまとめることです。
これは特に、リフォーム工事前に行うことが重要です。

実は、いままでの不動産取引ではそういう制度がなく、
個人の方が売主の場合は 現状有姿売買といって、現在の状態で売りますから、その後何があっても
責任は持ちません。買主の方で修理してくださいね、という形の取引がとても多かったのです。

この場合、予想される通り、売買後のトラブルが多く発生します。
不動産業者としても、その部分をきちんと説明している業者もある一方で、あまりきちんと説明せず
適当に流してた業者も存在したからです。

民法上は売主の担保責任という項目があり、この部分で問題となる可能性もあります。

こういった問題点を無くし、円滑な不動産取引を進めるため、今回のインスペクション制度が生まれました。

ただし、これにも一つ問題点があります。

法律の改正の内容は、インスペクションをすることを義務づけたのではなく
インスペクションをしたのかどうか、それを確認して報告することを義務づけたのです。

つまり、売主としては、今まで通りインスペクションを受けずに売り出すこともできますし、
インスペクションをきちんと受けて、売り出すこともできます。

買主としては、この部分をきちんと確認することが大切です。

又、インスペクションをうけたのであれば、それはどんな内容で何が問題で、
その問題を解決するには、費用はいくらかかるのか等、事前に確認することも必要です。

最初に物件選びのポイントと申し上げましたが、まずはこのインスペクションを受けているのか
受けていないのか、そこを確認してみてください。

今年の4月から法律改正ですが、意識の高い業者では既に行っています。
もし、不動産業者にインスペクションのことを質問してみて、適当にごまかすような返事しかできない
ようでしたら、その業者は要注意です。

反対に、意識の高い業者であれば詳しく説明してくれるはずです。

以上、簡単ですが今後の不動産選びポイントをお伝えしました。
参考にしていただけますと幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

不動産購入に関しての悩み、課題、質問がございましたら
お気軽にどうぞ。

インターネットを見ていて気になる物件や、今実際にご検討中の物件についても
ご相談ください。

不動産と建築の専門家の立場から、適切なアドバイスをさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

2018/01/28

LDKリフォーム(マンション編)

皆さま こんにちは 薮田です
毎日寒い日が続きますね。最高気温が4度。。
​久しぶりの寒い冬です。私が小学生の頃はよくありました。
​長居公園の池が全面凍って、上に乗って遊んだ事、覚えています。
最近では、そんな冬もなくなっていましたが、今年はそれに近い寒波ですね。

​本日の紹介は、昨年年末に工事させていただいたLDK(マンション)のリフォームのご紹介です。
​工期は約3週間。
​通常、これぐらいの工事になると、工事中の不便な事も想像しながら
仮住まいの提案もするのですが、お客様、住みながらのリフォームをご決断されました。

​リフォーム工事前に、ダイニングセット、リビングソファセット、カップボードすべて処分
​工事中も、工事範囲外のお部屋で快適に過ごせるように準備していただいていました。

弊社では住みながら工事の場合

今、ご使用のお気に入りの家具をお預かりして、工事外スペース(工事中の居住空間)を確保する事も可能です。
(有償サービスです。)


ビフォーがこちらです



狭いキッチンを長年不便に感じていて、キッチンを10cm広くされました。
写真でもわかりますが、キッチンに縦配管が入っていないので広げることができる事がわかります。


アフターがこちらです


独立キッチンの垂れ壁を撤去して、天井フラットにして照明も変えて解放感のあるキッチンへ完成しました。
​南面に面した、少し高台にあるこのマンション
​キッチンから見える窓は非常にいい眺望でした。
ごめんなさい。。お写真用意していないです。

​こういった工事では、リビングの空間が一新します。
​少しコストアップになるのですが、照明も是非変えたいパーツの一つです。
リビングの施工例のご案内でした。今年もよろしくお願いします

 

2018/01/28

室内手すりと外構手すり

こんにちは
イズホーム 上田ひかりです。
 
 
最近、雪がちらほら降ったり、寒さがグンッと増していますが
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
大阪市内を運転している時、道が凍っているところがあったので、
運転や歩いている時など、お気をつけください!
 
 
さて先日、大正区で玄関の室内手すりと外構手すりの
2箇所の新設工事をさせて頂きました。
 
【室内手すり】
BEFORE                    AFTER
 
   
 
手すりを新設したことで玄関框の高さもラクに上がれるようになり、
万が一、躓いたり滑ってしまっても、手すりにつかまれば安心です。
今回は、後付けでしたが、後付け用のブラケットベースを用いて施工し、
カラーはフロアや扉と合わせたカラーなので違和感もありません!
 

【外構手すり】
BEFORE                                                          AFTER
 
   
 
外構にも手すりを新設し、今まで支えるものが無かった不安が
手すりを新設し、安心に変わりました。
こちらも玄関扉のカラーに合わせた濃い目のブラウンで色を統一しました!
 
 
普段なにげない段差でも、ふとしたときに支えがあれば…と
不安に感じたりすることがあると思います。
バリアフリーにしたり、手すりを取付けすることで防げる事故もあります。
こういったお悩みをお持ちの方やリフォームをお考えの方は、
ぜひ、イズホームへお声かけください!
 

2018/01/27

左官工事 じゅらく壁 復旧大作戦(大大大成功ちゃうか)

イズ RC耐震改修工事 担当 長谷川です

最近無茶苦茶寒いですね インフルエンザにかかりたい長谷川です B型・C型 急募です

最近は阪神高速湾岸線 乗り継ぎ失敗せずに須磨まで行けてます 六甲アイランド・ポートアイランド 今となっては
いい思い出です。会社には言えませんが、かなりの頻度で六甲アイランド利用させていただきました。
そんな須磨の現場も完成いたします。


今回は、耐震補強及び大規模改修の現場です
ご覧ください 窓を小さくし体力壁を作りました 
コンクリートの打設箇所がはっきりわかりますよね
注目したいのは、長押を既設品を使用しているところです。長押より下の造作材
付け鴨居・窓枠・畳寄せを長押の風合いに似せるためにあえて、赤松を加工してもらい施工しています (なかっちゃんいつもありがとね 納まり最高です。)余談です。 
そうすることにより赤松、本来の赤身が既存の長押の風合いに似ています。ヤバくないですかチョーカックイイです。
 普段ですと、桧の集成材で施工するのですが、白過ぎて2トンカラーになってしまい、せっかくの和室が台無しです。 
材料のチョイス今回はキレキレでした。自画自賛です。知らない人が普通に頼んでいるとやばいところです。  
 
 次は、左官のモルタル下地工事です モルタルを鏝で付けた後に石膏を塗っているところを
激写しました。石膏はモルタルにつきにくいのでモルタルが半渇きのタイミングでないといけません。なんで
石膏塗ってる?って じゅらくはモルタルにつきません。そのために石膏を塗っています。石膏だとじゅらくのつき・ノリがいいそうです。
 多分ですが水分の吸収もいいので仕上げの仕事 鏝押さえがスムーズなんだと思います。これは私の見解です。 さすが私がリスペクトしてやまない          KING OF SAKAN ★Coyanagi_Sakan_Cougyou★ 

これが最終工程 仕上げ じゅらく金鏝押えです
どうですか 押さえてすぐなので すごい光沢ですね これほど照明に照らされてるのに、鏝ムラがほとんどないのがわかりますか? ヤバないですか チョーヤバいです。
 左官の鏝押さえ作業大好きです観てて飽きません 作業見ながらごはんお茶碗三杯はいけます。
これからドンドン乾いてバチバチの鶯(ウグイス)入洛壁の完成です。

 工程日数・コストパフォーマンスではクロスに負けますが 自宅のクロスに飽き飽きしてる方いてませんか?
ご連絡いただければ      ★ Coyanagi_Sakan_Cougyou   feat.hasegawa ★ が あなたのお宅に参上いたします

  ご連絡お待ちしております

                          イズ 長谷川 憲司
 
 


 

2018/01/23

外壁塗装の見逃す点



イズ塗装専科の西崎です

塗装をする時に給湯器の裏を塗る事を忘れてませんか?

塗装ご給湯器を交換後に塗装をしていない部分が出で来るケースがあります。

せっかく塗装をしたのもかかわらず、給湯器の裏を塗装を怠ると後で後悔しますよ

弊社は給湯器の状態にもよりますが、できるだけ給湯器の裏も塗っています。

 

2018/01/20

山口 です。


明けましておめでとうございます。
どうぞ本年も宜しくお願いいたします。
 
↑遅くなり申し訳ございません。。。
 
昨年はたくさんの人に出会い、たくさんの事を勉強させて頂きました。
 
今年は、去年以上にお客様が満足できる、提案・工事をします!!!!!
 
宜しくお願いいたします。
 
大変ありがたい事に
今年も、早速色々と工事をさせて頂いています。
始まっては、終わっての繰り返しです。
 
早速ですが、 工事が終わった所のご紹介をさせて頂きます。
 
今年初めての現場です。
 
マンション・K様邸
キッチン・浴室・洗面・お手洗い 4点セットです。
 
ビフォー
 


アフター











 
施主 様にSRに行って頂き、悩んで頂き決定した商品です。

キッチン LIXIL 様 アレスタ を採用
浴室   TOTO 様 WGマンション用浴室
洗面   LIXIL 様 ピアラ お子さんが好きな色です。 光沢があるのでカッコいいです!!
お手洗い LIXIL 様 リフォレを採用

家の事ならイズホームの山口まで


屋根・外壁・塗装・内装・大工工事
クロス工事・水回り・外構
何でもご相談下さい!


 
 

2018/01/15

日々の業務

新年あけましておめでとうございます
イズの吉田です
 
平成30年が始まりましたね
今年の抱負皆さんはお決めになられましたか?
私はプライベートでの抱負・目標・癖付けたい事をたくさん決めました
文字数の無駄遣いなので内容は伏せますが
全て実行しますよ
人生は短いですからね!!
 
 
そんなことはさておき
イズ住之江店では先週から、
スタンディングデスクを採用しました
これです
そうです
「椅子」レスです
皆、足が筋肉痛だと嘆いています
 
ただのドMにしか見えないかもしれませんが、
実は座っている姿勢は、立ち姿勢よりも身体に負荷がかかっています
直立状態は寝ている時と同じ姿勢だ
と言われれば
少しイメージできますでしょうか…
 
 
天板の下に油圧のダンパーが入っているので
使う人の身長にあわせて調整できます
ですので、いざという時は座って作業することもできます
 
最近、デスクワークのスタンダードになりつつありますよね
ずっと、このスタイルに憧れていましたが
1人だけ事務所で立っているのも気持ちが悪いので遠慮していました
ですが、ようやく実現しました
この環境に感謝感謝です
 
 
仕事の話は、また次回にさせて頂きます
それでは失礼致します
 
リフォームのご依頼は是非イズホームへ!!

2018/01/14

2018年も宜しくお願い致します

新年あけましておめでとうございます。
イズホーム 上田ひかりです。
 
 
皆様、年末年始はどのように過ごされましたでしょうか。
 
私の年末年始は、昨年と変わらないようで少し違った年末年始でした!
年末は忘年会などで2107年を振り返り、年越し蕎麦を食べ、
年が明けて、大好きなおせち料理を食べ、
元旦には初詣とご先祖様のところへお墓参りに行き、
お正月の行事や親戚で集まったりと、ゆっくりしたようで忙しい日々でした!
 
ここまではいつもと変わらないのですが、今回は…
大晦日に京都の東福寺にて「除夜の鐘」を撞きに行きました。
初めての体験で緊張しましたが、良い鐘の音でこころにはいってきました。


 
充実した年末年始を過ごせた分、
しっかり切り替えて2018年頑張ります!
と言いつつ、早速、
年数を記入する欄があると間違えて昨年の年数を書いてしまうという点に
苦戦しております…。皆様もまちがえたりする時はありませんか?
間違えないように気をつけます!
 
 
今年は仕事、私生活共に目標を達成して、充実した日々を過ごします!
本年も宜しくお願い致します。


 
今年もリフォームをお考えの方はぜひイズホームへ
ご連絡お待ちしております!