ホーム
/
スタッフブログ

スタッフを選択すると、そのスタッフのブログのみ表示します

阿部 足立 堂岡 藤田 萩原
長谷川 平井 柏木 中田 西川
西崎 岡田 岡本 温川 大里
島井 杉田 田所 竹中 田村
種井 谷口 谷口志優 寺田 坪山
上田ひかり 上田彩加 浦田 和田 薮田
山口 山本 山本亮 矢野 吉田
吉川  

2018/03/18

お風呂リフォームの際、ついでに窓も交換提案

皆さま こんにちは 薮田です

​やっと暖かくなってきました。昨日東京で桜の開花宣言ありましたね。
暖かくなると、今年の極寒の事、忘れてしまうんでしょうね。。

今日は、築30年戸建て 在来タイルのお風呂をユニットバスに工事というパターン
是非ご提案したい工事の紹介です。

窓の交換工事です。(断熱化)


​こちらの写真は、築20年、大理石貼りのお風呂をユニットバスに交換する工事のビフォー写真。
​写真をよく見ると正面が大きなFIX窓になっています。
この窓をそのままユニットバスにつけてしまうと、窓の開閉ができない状態。。



​この資料の上の写真のようになってしまいます。
​ユニットバスにする際、窓をカバー工法で窓を変える事でこのようになります

​          上記写真は窓交換後、ユニットバス施工前写真です
お風呂を交換する前に窓を工事します。
​上記写真のように窓を変えます。この時注意したいのが、出来る限り断熱性能の高いサッシ。
​ユニットバスにする事でどうしても既存の箱の中に箱をつくるので窓の開口が小さくなってしまいます。
​写真では、真ん中に極力大きな引違いサッシを入れて、両サイドにFIX窓(断熱パネル入り)を付けています。


外部から見たサッシの写真は上記のようになります。
​両サイドのFIX窓にアルミの断熱パネルの外観写真です。発砲スチロールをサンドしていますので
断熱性能は安心してください。


​最終的に仕上がった窓の写真です。必死に引き引きで写真とりましたが
​窓しか写せませんでした。。

​お風呂の窓、ひと手間かかりますが、20年間使用する事を考えると
断熱性能の高いサッシに交換する事  提案したいです。

 

2018/03/08

吸引力とお掃除

吸引力の変わらないあの子が仲間になりたそうにこちらを見ていたので、連れて帰りました。



今までハイハイしながら雑巾がけしていたのがバカらしくなるほど楽です。掃除が楽。これすごく大切です。

フローリングまで剥がれてしまうんじゃないかってくらいの凄まじい吸引力です。




吸引力の変わってしまうもの。

掃除が大変なもの。

今回はレンジフードのお話をします。



機能性はもちろんですが、最近はデザインや掃除のしやすさに工夫がされているものが多いです。

ガスコンロと連動しているもの、掃除を自動でしてくれるもの、音が静かなもの、最近のレンジフード界は革命の嵐です。

イズホームでは、レンジフードの単品工事も承っております。






リフォームの中でも比較的安価で、工事も半日で終わるためおススメです!


キッチン設備も是非ご相談ください。



【おわびと訂正】冒頭の掃除機のくだりで、一部、過度な誇張による不適切な表現がありました。

ダイソンV8で床材が剥がれることはありませんので、安心してお買い求めください。

2018/03/04

屋根の工事が無事はじまりました~

皆様、お久しぶりです。

私が1年目に大変お世話になったお客様から、1年越しのリピートを頂くことができました。

工事内容:屋根のカバー工法/外壁塗装です。
工事途中ですが、紹介させて頂きます。



3月1日着工かなりの風が吹き荒れる中でしたが頑丈に足場を設置されていて一安心です。
お家の前面と後面またお隣の屋根上をお借りして足場の設置をさせて頂きました。
この足場のボリュームでどのくらい掛かると思いますか??


1日で設置してしまうんですよ!足場屋さん3人で頑張ってくれました。


現状の屋根の状態がこちらになります。
材料:カラーベスト 
築年数約19年程経過してくると、所々ひび割れや・表面の劣化が見受けられました。

屋根が瓦ではなくカラーベストという事で、屋根のカバー工法を提案!
屋根のカバー工法とは、現状屋根材を残し二重屋根として葺きます。

■メリット
・現状屋根にかぶせる事で、廃材費用・撤去処分の作業費がなくなるという事です。
・また工期も短縮につながります。
・遮熱性/遮音性の向上
・耐久性も25年~ 

【福泉工業株式会社】MFシルキー を採用させて頂きました。
良かったらURLから商品を見て頂けたらな~と思います。
http://www.fukuizumi.co.jp/product/roof/mf_silky/

高所恐怖症の私には高い場所は危険でしたが無事、作業風景を入手致しました。

屋根の色は、レッド(受注生産3週間)にしました。
良い色です。

肝心な作業といいますと
カラーベスト屋根に直接防水シートを貼り、施工して頂いている作業中です。

とても気さくな方で、順調に進んでおります。

残り、外壁塗装が残っておりますのでまた完成を更新させて頂きたいと思います。


皆さんも、屋根や外壁そろそろかな~...と思いましたら
【イズホーム】までご相談下さいね!!

それでは、皆さんまたブログでお会いしましょう。
 

2018/02/28

大型リフォーム完了

ご無沙汰しておりました。
イズホーム 住之江店の萩原です。

今日はお休みです。が少し事務が溜まってしまってまして、少し仕事しております。


今日は天気がいいので
青空の元



(※写真映えはしないので小さくしてます。。。ご理解ください。)




こんな感じで『青空学級』的なノリで外で事務処理してます。

はい。かなりはかどります。

天気がいいと気持ちがスーッってして、頭が回ります。




皆さんもぜひ試してみてください。オススメします。
(中に入るときは汚れ落とすのが手間ですが。。。)









さてさて、余談は置いておいて
ついに去年9月からさせていただいている工事が完了いたしました!!




『吹き抜けのある、開放的空間』という形でお施主様と打ち合わせをかなり繰り返し行い

築70年ということもあり、補強・基礎強化など見えない部分にも気を配り去年9月から開始した工事



やっと完成しました^^






ひとまずまず言いたいことは、お疲れ様でした。






協力いただいた業者様もそうですが、何より当初計画していた内容から計画変更を行い、その都度何度も現場に来ていただいたM様。この場をお借りして、熱くお礼申し上げます。

長い間工事にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
言ってもこれからがM様との長いお付き合いが始まるわけですが、今回に懲りずこれからもよろしくお願いいたします。




ひとまず写真はほんの一部ですが、また改めて撮影会なるものを段取りしております。


私ではなく、もっと写真撮影がうまい人を連れて。。。

まともな写真揃ったらまた載せますね^^
こうご期待ください!!

少し、内容のご説明しておきますね^^

☆リビング吹き抜け箇所

吹き抜けの天井付近に見えるのが、ロフトです。
ロフトも6帖ほどの大きさを確保し、十分すぎる収納空間を

お子さんの隠れ家にはもってこいです!

『ごはんですよー』の声が届くように、窓を2か所もうけ、ひょっこり下をのぞけるようにしてます^^
何かあっても安心ですね^^

全体的に『ヴィンテージ調』の色合いを採用

キッチン周りに貼っているクロスは『リリカラ』さんのブリックタイルです。
似たようなものは他のメーカーさんにもありますが、赤目のレンガがお好きな方はぜひ『リリカラ』お勧めいたします。

色見・質感・目地 すべてをとっても本物に一番そっくりです^^
廻りの木目との相性ばっちりです!!



第一弾はこれくらいにして、また写真揃ったらいろいろご説明させていただきます!

お楽しみに^^


萩原でした^^

2018/02/28

カチオンでカッチカチにして⁉

今日は、塗装工事です
塗装工事といっても塗って3回塗っておしまいでは、ありません。
それをこれからお伝えします。これから塗装をお考えの方 または塗装工事を済ませた方もご覧ください。
塗装しない、興味がない方は、見なくていいですよ。
 
この写真は、以前 塗膜の中 塗装と外壁モルタルの間に水が侵入し水枕(風邪をひいたときにおかんが枕の上に置いてくれるやつ)状態になり破断した場所です 破断した写真は当然ありません。
そこにカチオンを塗り付けました。皆さんもこんな時は、「ボロボロのところとって、カチオンしごいて」ていうて下さい。カチオンは、モルタルと違い砂を混ぜません 薄く薄く塗りつけることができます。ちなみに鏡やガラスなどにも塗り付けれると聞いたことがあります。ほんまかうそかは調べてください。薄くしごきたいたいときは、カチオンと言えばたいがいは、納まります あくまで下地材ですのでカチオンで仕上げ完了ではありません。そこは注意してください
 なんせ 合言葉は、カチオンでカッチカチにしてです

その後は塗装の工事。通称  吹き戻し です この言葉カックイイです、なんか好きです
既存の塗装のパターンを塗装用のガンで復元します。この作業がまたまたかっこいいです。以前に吹き付けた人の
癖や特徴をイメージしながら玉(ダマ)を吹いていきます。下手な人がやると、ただ適当に吹き戻しするとダマのサイズが
めちゃくちゃで塗装後にここだけ別で何かしたのがすぐにわかります。そんなのヤダ!

ご覧ください ヤバないですか? 上の少しベージュ色が既存のパターンです
下の白い色が今回の吹き戻し後です。 さすがです かなりのマニアが吹き戻してます(笑)
 こんな塗装マニアがおります。 こんなマニアに吹き戻してほしい方、ご連絡お待ちしております
     ちなみに先ほど、マニアおだてて、缶コーヒーゲットしました。これからもよろしくね。 

                                   イズ 長谷川 憲司

  

2018/02/28

新店舗のリノベーション工事がスタート!!

こんばんは。
イズホーム 建築部の杉田です。

皆さんお待ちかねのいずりのべ専科深井店(不動産×リノベーション)が3月にオープンします!パチパチ
その工事が今月から始まりました。
その内容をちょっとだけお知らせします。
工事前は何もないスッカラカンな状態からのスタート!!

ここからまずは、墨打ちをして、給水管・排水管の仕込みから入ります。

そして、軽天屋さん(←壁と天井を造る職人さん)、大工さん、電気屋さんが入ってこうなります。

ここでの注意点は、壁の位置・給排水の位置は最初に行う墨打ちで位置が出るので、墨打ちはとても重要になります。
下地の位置、壁の納まりなども気にしないといけないですね。
下地が組めたら次はボード貼りになります。
ここからの工事はまた来月お知らせいたします。
今月は着工~下地工事編でした。

来月は、クロス、タイルなど仕上げの仕上げ編に入っていきます。
気になる人は、ぜひお立ち寄りください。

皆さん、まだまだ寒い日が続いておりますので、お体には気をつけてください!
それでは失礼します。




 

2018/02/27

とにもかくにも


こんばんは、イズホーム 東住吉店営業の堂岡です。




皆さん、この時期、こんなことで毎日ストレス抱えておりませんか?




浴室が寒い、、、。
タイル目地に汚れ、カビが、、、。
古めかしくて気分が晴れない、、、。


などなど、様々な不満を抱く事がありますか?

写真でご紹介しましたのは、タイル張りのお風呂。

今、ヒートショックはますます騒がれており
社会現象としてとても注目されている部分です。
ご高齢の方もそうですが、若年層の方、若者迄
幅広く取り上げられております。

気温の高低差で体が対応しようとして、血圧を急激に
上げたり、下げたりすることでこの現象が起こります。


ましてやお身体の調子が良くないご高齢の方で介護を受けている方
脚をけがして、一人で行動がしづらい方

そんな不安を抱いていても
リフォームしてもお金がかかるし、、、。


「お金」という面でなかなか手の出ない方も居られると思います。



そんな時、介護保険住宅改修支援制度という補助金を利用しましょう。



その制度であれば最高20万円の補助を受けることができます。

その条件としては、大阪府内で
・要介護認定1~3のある方
・要支援認定1~3のある方

の中で、65歳以上のご高齢の方が対象になります。


やはり、生活動作の中で重点を置く部分を快適にすることが
これからのストレスの解消、動作の快適さに影響します。







ぜひ、あきらめきれないリフォーム等お考えでしたら
私共に一度ご連絡下さい。

ご相談から現地調査、お見積り無料でおこなっておりますので。






 

2018/02/27

ネオステリングリーンとコーキング

先日、キッチンをリフォームしたお客様から大量のうがい薬をいただきました。
ネオステリングリーンうがい液です。9本。
一生風邪ひきません。坪山です。心なしかのどの調子いいです。



皆さん、コーキングをご存知でしょうか。


気密性、防水性のために施工する箇所の隙間を目地材などで充填することです。
ホームセンターには多くの種類のコーキング材が並んでます。

水廻り用、外用など、用途によって種類が違います。
僕も詳しくは知りませんが、最近注目している界隈です。

なんといっても職人さんのコーキングが美しいです。



この直角。。息を呑む美しさですね。。

85年前の在来のお風呂をユニットバスに変えました。
コーキングの美しさに疲れが吹き飛びました。




コーキングの仕上がり、水廻りのリフォームにおいては結構重要な要素だと思います。
ご家庭の隅っこ、確認してみてください。

いいですね。コーキング。
進化するとギャラドスになります。     嘘です。

 

2018/02/27

温度のバリアフリー化

こんにちは
イズホーム 東住吉店 上田ひかりです。
 
 
もうすぐ2月が終わり、3月へと春が近づいてきましたね。
早く暖かくならないかな~と思いながら過ごしてきた寒い季節も
そろそろ過ぎていってくれそうで嬉しいです。
 
とは言っても、まだまだ寒いですし、少し暖かい日がきても、
また急に寒い日がやってきたりします。まだまだ油断禁物ですね。
 
 
さて、最近よく耳にする「ヒートショック」。
なんとなく分かっているけど…という方もいらっしゃると思います。
 
まず、「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる
温度の急な変化が体に与えるショックのことです。
1年間で、全国で約19,000人もの人がヒートショックに関連した入浴中の急死に
至ったと推計されています。
実はこの死亡者数は、交通事故による死亡者数の4倍以上となっています。




 
ヒートショックを起こす引き金となる、急激な温度変化!
これにより血圧が変動し、身体に大きな負担がかかります。
つまり、ヒートショック対策のポイントは「温度変化」にあります。
「温度差の少ない、温度のバリアフリー化」が重要ということになります。
 
 
先日、東住吉区で在来工法浴室からユニットバスへの工事をさせて頂きました。
工事の決め手はやはり浴室がとても寒い。とのことでした。
暖かくお風呂に入りたい!という思いで、工事をさせて頂く事になりました。
 
BEFORE
 
 
AFTER
 
 
 
後日、ユニットバスへ入浴後のご感想をお聞きしたところ、
「すっごく良かったよ!暖かさが全然違うから、久しぶりにゆっくりお風呂にはいれた!」
と原因も解決し、すごく喜んで頂けました!
 
また、暖かさやヒートショックだけでなく、
スライトフック付握りバーやエコフルシャワーなど
機能面でもアップし、お掃除もラクラクになりました!
お客様に喜んで頂けると私たちもとても嬉しくなりました!
 
 
浴室だけでなく脱衣室に小型のヒーターを置いて、
温度のバリアフリー化を進めていったり、
浴室暖房乾燥機をつけて浴室の扉を開けて浴室暖房をかければ脱衣室も暖まりますので、
ぜひ参考にしてみてください!
 
 
浴室工事やリフォームをお考えの方は、
ぜひイズホームへご連絡お待ちしております!
 

2018/02/27

珍しい工事


イズの西崎です
今回は擁壁の工事です
大風シーズン前に気になる片はお問い合わせを下さい